球技大会

6月19日(木)から2日間の日程で球技大会が開催されました。

1日目は進学総合・進学医療、生命動物、進学理大、健康・スポーツコースが対戦。2日目は機械科、電気情報科、アニメ・デザイン、特別進学コースが対戦。
両日とも天候に恵まれ、生徒たちは元気に競技をおこないました。グラウンドではソフトボール、体育館ではバレーボール、どちらも熱い戦いが繰り広げられました。
グラウンドでおこなわれたソフトボールは、Tコースと他のコースとの対戦をなるべく避けるため、Tコース同士の試合が展開されていました。
ソフトボールは男子ばかりのチームですが、今年は女子(Gコース)が1人参加し頑張っていました。試合をどんどん勝ち進み、決勝でTコースとの対戦。Tコースの迫力に圧倒され、「もう無理無理無理・・・」としりごみをしていましたが、チームメイトに「大丈夫!!」と励まされ打席へ。なんとかバットにボールを当てることができて大奮闘でした。
他のコースの生徒たちも一生懸命楽しそうにプレーしていました。ヒットやホームランが出たときには、バコーン!と大きな音がし、ボールが遠くへと飛んでいき「うぉー!」「やったー!」と大歓声が沸き起こっていました。
また体育館のバレーボールでは、試合前にチームメイトで円陣を組み「ファイト!オォー!」のかけ声で試合を開始。プレー中は自然と声を掛けあいながらチームワーク良く対戦していました。人数の少ないチームには先生が選手として加わり、ボールが取れると「先生上手~!頑張れ~!」などの声援が送られていました。

ふだん教室で見る姿と違う生き生きとした表情や姿で、暑さにも負けず中生徒たちは夢中で競技をし、さわやかな汗を流した1日になったと思います。
掲載日 : 2014/6/20