トップページ > ニュース&トピックス > SSH公開発表会 開催

SSH公開発表会 開催

平成25年度SSH公開発表会と科学講演会が行われました。
ポスター発表の様子

ポスター発表の様子

 平成25年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の公開発表会と科学講演会が25日(土)、理大ホールで開催され、校内外からの聴講者にポスターや口頭発表を行いました。

 午前中がポスター発表。SSH対象コースの進学理大と中高一貫の1年生が、大学の先生による出張講義や調べ学習により取り組んできたサイエンスワーク(SW)や、同コースの2年生が大学の先生と共に研究を行ってきた課題研究をポスターで掲示し、発表を行いました。
SWの発表

SWの発表

 午後からは宇宙航空研究開発機構(JAXA)の井元隆行先生による「イプシロンロケットに夢を乗せて」と題しての科学講演会が行われ、ロケット開発で試行錯誤の連続の中で、夢を追い続けて研究を重ね喜びが生まれたと、夢を持って困難に立ち向かうことの大切さを話されました。

 そして校内発表会で高得点を取得した7つのテーマの口頭発表が行われました。
 1年生が取り組んだSWからは、「恐竜」と「雷について」が発表。興味関心から取り組んだ「調べ学習」を来年の課題研究に向けて更なる研究意欲を見せた一面もありました。
課題研究の発表

課題研究の発表

 2年生からはロボットや数学、動物や化学など多岐の分野からの研究課題の発表が、校内発表時よりもさらに研究を深め、プレゼンの力もつけて行われました。

「昨年より質問も多く、驚きました。発見をどう発表するかを学んでほしい」「調べることは得意な学生が多い中で、自分で考えて答えを導く力をつけてください」など、講評をいただき、岡北中学校の森本茂校長から「今回の経験したことが今度の大きなチャンスにつながるよう努力してください」と激励の言葉があり、校外発表会は終了しました。
 今年度の研究を受けて、2年生は課題研究を3年でも続け、1年生はSWでの学習を元に、2年で課題研究に取り組んで行きます。
会場 : 理大ホール
掲載日 : 2014.1.25