トップページ > ニュース&トピックス > 町のイメージキャラクターで優秀…

町のイメージキャラクターで優秀賞

群馬県甘楽町のイメージキャラクター
 アニメ・デザインコース2年の横井唯さんが、群馬県甘楽町(かんらちょう)のイメージキャラクターに応募し、応募総数564点の中から9作品に送られる優秀賞を受賞。喜びを語ってくれました。

 今回の応募理由は、5月頃にネットで募集を知り、「ゆるキャラ」なら応募しやすいと思ったから。普段はリアルな絵を描いているのですが、ゆるキャラならば絵をデフォルメをして描けばいいと思いチャレンジしたそうです。
喜びを語ってくれた横井さん

喜びを語ってくれた横井さん

 甘楽町は桜やキジが有名なのでこれをヒントに作成(写真上)。頭の上にキジが乗り、着物の袖には桜が咲く作品に仕上がっています。作品自体は、下絵を描いて、それをパソコンに取り込んで更に色などのアレンジが加えて完成させるようで、なんと制作時間は2時間程度。普段からいかに書き慣れているかがわかります。

 11月に入って審査結果の報告に、「最優秀賞を狙っていたので、嬉しいけど悔しい」と次への意欲を見せてくれました。
普段はこんなリアルな動物を描きます。

普段はこんなリアルな動物を描きます。

 普段から全国のイメージキャラクターの応募に関心をよせ、力試し・レベルアップのために機会があればチャレンジしてきたようで、すでに他の町のイメージキャラクターにも応募中。

「応募することで、町のことを調べるし、視野が広がります」と趣味を通して社会への関心も広がっているようです。
 ますますの受賞を楽しみに応援します。
掲載日 : 2013.11.21