トップページ > 普通科 特別進学コース
普通科 特別進学コース
 国公立大学・難関私立大学を目指すために、国語、数学、英語、理科、地理・歴史、公民を中心にカリキュラムを構成。基礎を固め高度な応用力の養成を目指し、きめ細かく指導します。
 授業時間を確保し、徹底した学習を行えば、必ず学力を伸ばせるという信念の下、7時間授業や土曜日授業を行っています。さらに短期集中勉強合宿を設け、苦手科目を克服。得意分野に変えていきます。
 少人数によるクラス編成を採用し、各自の理解力に応じて徹底した学習指導を実施します。2年生になるとさらに文系・理系に分かれ、目標とする大学の合格に向け、一人ひとりの学力や適正に応じた学習指導を展開します。
普通科 特別進学コース
 平日は7時限、土曜日は4時限まで授業があり、入学したばかりの頃は慣れるに大変でしたが、すぐにその生活に慣れ、嫌でも勉強する習慣が身につくようになりました。授業のペースも速く、予習・復習の毎日でしたが、放課後には自習室を気軽に利用でき、先生方にも質問しやすく“分からない所”を“分かる所”にすることができました。そして無事第1志望の大学に合格することができました。これまで支えてくださった先生方、そして親には心から感謝しています。
 1年生の時は、赤点を取ってしまうことも多くあり、宿題も期限通りに提出できないことがよくありました。しかし先生が何度も再テストや課題を出してくださったことで、少しずつ苦手分野を克服することができました。2年生になってからは一緒に放課後に自習室に残ってくれたり、テストの点数を競い合うことのできる友達ができて、楽しく勉強することができました。3年間、勉強でつらい思いをすることもありましたが、あきらめずに頑張ることができたのは先生や友達の支えがあったからだと思います。とても感謝しています。
普通科 特別進学コース